エアコンクリーニングは自分でできる?掃除の手順と失敗しないポイントを解説

掃除の手順と失敗しないポイント

エアコンクリーニングを業者に依頼すると、気になるのが「コスト面」ではないでしょうか。

少しでも節約するために、自分でエアコンクリーニングをしようと思いつつも「どこまでお手入れすればいいのか?」や「エアコンを分解すると故障しないか?」など、悩みがたくさんでてきますよね。

そこで今回は、自分でエアコンクリーニングをする手順や道具、失敗しないための注意点や業者に頼む場合との違いなど、気になるポイントを詳しく紹介します。

エアコンクリーングを自分でやってみたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で分かること

  • 自分でエアコンクリーニングができるのか
  • 自分でエアコンを分解できる範囲
  • エアコンクリーニングの手順
  • 自分でエアコンクリーニングする注意点

目次

エアコンクリーニングは自分でできる?

注意ポイントをおさえて自分でエアコンクリーニング
エアコンクリーニングは、もちろん自分でもできます。

ただし、いくつか注意ポイントがあるので、のちほど紹介するクリーニングの流れをしっかり確認してくださいね。

そもそも、普段エアコンクリーニングってどれくらいの頻度でしていますか?

シーズンの終わりに1回や1年に1回、一度もやったことがない…など、家庭によってエアコンクリーニングの頻度は違うでしょう。

ここで気をつけてほしいのが「何年もエアコンクリーニングをしていない人」です。

普段、内部はエアコンカバーで隠されているため、一見すると汚れのなくキレイな状態ですよね。でも実際は、カビやほこりが大量なんです!

エアコン内部では水分が発生するうえに風通りが悪く、カビの住処として格好の場所です。

このような状態でエアコンクリーニングせずに使い続けると、次のようなデメリットがあるので気をつけましょう。

アレルギーやウイルス感染など健康へ悪影響

エアコンを運転した途端、目のかゆみやくしゃみ、鼻水といった症状に悩まされた経験はありませんか?

この原因は、エアコン内部に発生したカビや雑菌です。

エアコン内部は、カビにとって最適な環境です。そのまま知らずに使ってしまうと、フィルターやルーバー、エアコン内部に付着したカビが冷房や暖房の風と一緒に部屋中を舞い、健康へ悪影響を与えてしまいます。

電気代が高くなる

エアコンのフィルターや熱交換器、ファンなどにホコリが溜まっていると、熱効率が悪くなるため電気代が高くなります。

設定温度を高くしても、あまり部屋が冷えなかったり暖かくならなかったりするときは、エアコン内部にホコリが溜まっている可能性が高いです。

エアコンクリーニングすると、ムダな消費電力を使わずに済むので、電気代が安くなりますよ。

エアコンの故障

エアコン内部に付着したホコリやカビを放置しておくと、熱交換器がうまく作動できず故障する確率が高まります。

また、故障の原因はエアコン内部以外にも、室外機の汚れも関係しています。

エアコンクリーニングは内部ばかり徹底しておこなわれますが、室外機のメンテナンスも定期的におこなわなければ、外部へ熱が排出できません。

このままの状態が続くと、オーバーヒートを引き起こし、完全にエアコンが止まってしまう可能性があるので気をつけましょう。

エアコンクリーニングは自分でも分解できる?

エアコンは自分で分解できる?
エアコンクリーングを自分でおこなう場合、分解できるのは次の3つまでです。

  • フィルター
  • ルーバー
  • カバー

エアコン内部の熱交換器であるアルミフィンや、水分を溜め込むドレンパンなどの分解は、素人がおこなうと故障する可能性があります。

とくに、心臓部分であるアルミフィンが故障してしまうと部品の交換ができないため、本体の買換えが必要です。自分でエアコンクリーニングはできるとはいえ、分解できる範囲は限られているので気をつけましょう。

エアコンを分解して洗浄する方法!徹底的にクリーニングするメリットや注意点など紹介します

エアコンクリーニングを自分でするときに使う洗剤や道具

自分でクリーニングをするときに使う洗剤や道具は?
自分でエアコンクリーニングをするときは、次の洗剤や道具を準備しておくとスムーズです。

  • 掃除機(ブラシノズル)
  • 中性洗剤(台所用や洗濯用洗剤)
  • 柔軟剤
  • タオル(乾いたもの・濡れたもの各1枚)
  • 雑巾(汚れてもいいタオル)
  • 使用済み歯ブラシ
  • 大きなバケツ
  • 脚立
  • 新聞紙
  • 養生テープ
  • 45Lのゴミ袋

エアコンは高い位置に設置されているため、脚立は欠かせません!

足場が悪いと転倒したりクリーニングが終わるまで時間がかかってしまうので、必ず用意しましょう。

また、分解したエアコンフィルターやルーバーなどは丸ごと水洗いできるため、キッチンやお風呂場など使える状態にしておくと便利ですよ。

エアコンクリーニングを自分でやる方法

自分でやるエアコンクリーニング8ステップ!
自分でやるエアコンクリーニングの方法は、たった8ステップ!

  1. エアコン周囲を養生する
  2. コンセントを抜く
  3. フィルターの掃除
  4. ルーバーの掃除
  5. カバーの掃除
  6. 熱交換器の掃除
  7. 分解した部品を取り付ける
  8. 内部を乾燥させる

順番に説明していきます。

自分でエアコンクリーニング①:エアコン周囲を養生する

まずは、エアコン周辺に汚れが飛び散らないように、下準備しましょう。

  1. 45Lのゴミ袋を1枚のシートのようにハサミでカット
  2. エアコン周辺にゴミ袋を養生テープで貼り付ける
  3. 床には新聞紙(濡れるのが嫌ならゴミ袋)を敷く

これで、床や壁の汚れ飛び散り防止が完了です。

自分でエアコンクリーニング②:コンセントを抜く

まず、エアコンクリーニングをする前に、必ずコンセントを抜きましょう。

エアコンクリーニングでは洗剤や水分を使うため、電源を入れたままで作業すると、感電する可能性があります。

電気がショートしてしまうと、エアコンも故障してしまうため、絶対にコンセントを抜くようにしてくださいね。

自分でエアコンクリーニング③:フィルターの掃除

エアコンのフィルターは、カバーを外すと表面にあるのですぐわかります。フィルターにほこりがびっしりついている場合、周りに舞ってしまうので、そっと取り外しましょう。

フィルターを外したら、掃除機で全体のホコリを吸引しましょう。表だけではなく裏面のホコリも掃除機で取り除きます。

ホコリが取れたら、お風呂場またはシンクで中性洗剤と歯ブラシかスポンジを使って優しく洗います。

フィルターは破損しやすいので、強く擦りすぎないように気をつけましょう!

目詰まりのないキレイなフィルターに掃除したら、水分を切って乾燥させておきましょう。

自分でエアコンクリーニング④:ルーバーの掃除

エアコンフィルターと同じく、分解したルーバーも水洗いできます。細かい部分は歯ブラシを使うと汚れが取れやすいです。

歯ブラシでは落とせないカビ汚れは、先の尖った爪楊枝や竹串を使うと便利ですよ。

カビが少しでも残っているとすぐ繁殖して広がってしまうため、残さずキレイに取り除いてください。

自分でエアコンクリーニング⑤:カバーの掃除

エアコンのカバーも水洗いできます。フィルターやルーバーと違い、カビ汚れはあまり目立ちません。

その代わり、ホコリが付着しやすいため、全体的に掃除機で汚れを吸引してから水洗いした方が、キレイに掃除できますよ。

取り外せない側面や天井側は、濡れたタオルで汚れを取り除き、タオルに柔軟剤と水で作った柔軟剤水を含ませ拭きましょう。

柔軟剤水は、「柔軟剤1:水3」の割合がちょうどいいです。柔軟剤の濃度が濃すぎるとベタベタして、逆にホコリが付着しやすくなるので気をつけてください。

柔軟剤は静電気防止の効果があるため、カバーにホコリがあまり付着しません。

自分でエアコンクリーニング⑥:熱交換器の掃除

自分で分解できない熱交換器は、見える範囲でいいので掃除機でホコリを吸引してから、乾いたタオルで全体的に拭きます。

間違っても業者のように、高圧洗浄機でクリーニングするのは止めてください。知識や技術のない状態で高圧洗浄機を使うと、エアコンが故障する可能性があります。

自分でエアコンクリーニング⑦:分解した部品を取り付ける

全体的にホコリやカビ汚れが取れたら、分解した3つの部品「フィルター、ルーバー、カバー」を取り付けましょう。

エアコンの分解は、自分でできる範囲が限られているので、取り付けるのも難しくありません。

ただ、部品を取り付けるときに力任せに作業すると、部品同士を引っ掛けるツメが折れてしまう可能性があるので、この点は十分気をつけてくださいね。

自分でエアコンクリーニング⑧:暖房か送風を付けて内部を乾燥させる

エアコンの部品を取り付けたら、最後にコンセントを差し込み暖房か送風を20分ほど稼働させましょう。

内部が十分に乾燥できていないと、カビの原因になってしまいます。

しっかり乾燥できたら、エアコンクリーニングは完了です。

エアコンクリーニングは自分でもできるけど注意が必要

自分でできるけど…注意が必要な2つのポイント
エアコンクリーニングは手順さえわかると、自分でもすることは可能です。

ただし、電化製品の中でも部品が複雑でデリケートのため、気をつけて欲しいポイントがあります。

エアコンが故障しないためにも、次の2つに注意してください。

エアコン内部の掃除は故障しやすい

エアコンの内部は一番汚れが溜まりやすい部位です。フィルターを外したとき、真っ黒なカビ汚れに驚かれた人も多いでしょう。

分解してキレイにしたいところではありますが、自分でエアコン内部を掃除するのは大変危険です。

エアコン内部は心臓部分であるため、分解したり水を使ってクリーニングをすると故障する可能性が高いので、自分ですることはお勧めしません。

スプレーの使用は逆効果

エアコンクリーニングが簡単にできる洗浄スプレーが売られていますが、細かい部分に噴射すると逆に汚れが奥に詰まってしまう可能性があります。

エアコン内部の汚れは手が届かず、汚れが蓄積すると故障の原因にもつながります。また、汚れが残った状態でエアコンを運転すると、健康にも悪影響を与えるので注意しましょう。

自分でするエアコンクリーニングには限界がある

自分でエアコンを掃除するには限界がある…!
自分でできるエアコンクリーニングは表面上だけなので、自宅でできる範囲には限界があります。無理にエアコン内部をクリーニングして故障すると、本体の買換えが必要になってしまいます。

自分ではできないエアコンクリーニングは、プロにお願いした方が安心ですよ。

エアコンクリーニングを自分でするのとプロの違い

自分 業者
使用道具
  • 掃除機
  • 洗剤
  • 高圧洗浄機
  • 専用洗浄剤
掃除範囲
  • エアコンカバーの表面
  • フィルター
  • ルーバー
  • カバー
  • エアコンまるごと
    (カバーの表面/フィルター/ルーバー/カバー/エアコン内部)
  • 室外機
  • 配管
料金 1,000円~2,000円 平均8,500円
※お掃除機能なし壁掛けタイプ

料金面だけで比較すると、断然自分でエアコンクリーニングした方が安いです。ただし、故障リスクやできる範囲が限られているという部分があるため、専門業者へお願いした方がいいでしょう。

エアコンクリーニングの頻度

自分でするエアコンクリーニングをする頻度は、フル稼働する夏と冬は2週間に1回のペースが理想的です。稼働時間の短い季節は、1ヶ月に1回のペースで問題ありません。

エアコンクリーニングを頻繁におこなっていても、自分で内部までキレイにするのは難しいです。内部の汚れはアレルギーや故障の原因につながるので、1年に1回のペースで業者へお願いするのがおすすめです。

エアコンクリーニングを自分でするメリット

エアコンクリーニングを自分でするメリット
エアコンクリーニングは自分でするより、専門業者へ依頼した方が仕上がりがキレイです。技術と知識、使用する道具がまったく違うので、当然の話しですよね。

でも、自分でするエアコンクリーニングにも、メリットはあります!

好きなタイミングでできる

エアコンクリーニングを業者へ依頼すると、何かと気を使う…そんな人も多いでしょう。

自分でクリーニングする場合、業者の都合に合わせて仕事を休んだり都合を付けたりする必要はありません。

「あ、エアコンのクリーニングをしなきゃ!」と思ったタイミングでできるので、真夜中でも早朝でも好きな時間にできます。もちろん、人に見られると恥ずかしいようなパジャマ姿もOK!

もちろん、エアコンクリーニングを2日間に渡っても、誰にも迷惑をかけません。ただ、クリーニング中はエアコンが使えないだけです。

平日や土日祝日に関係なくできるので、休みの日に対応してくれる業者選びをしなくてもいいのはメリットですね。

費用を節約できる

業者にエアコンクリーニングの依頼をすると、自動洗浄なしの壁掛けタイプで平均8,500円です。

自分でエアコンクリーニングをすると、洗剤やゴミ袋代など合わせても1,000円~2,000円ほどで済みます。例え年に1回しか依頼しないとしても、まとまった金額を請求されるのは家計にとって痛手ですよね。

また、業者によって駐車場代は自己負担となるケースも珍しくないため、トータルで考えると自分でエアコンクリーニングをした方が経済的です。

エアコンクリーニングを自分でするデメリット

エアコンクリーニングを自分でするデメリット
自分でエアコンクリーニングをすると、メリットがたくさん!
ですが、同時にデメリットもあるのでしっかり確認しましょう。

表面上しかクリーニングできない

自分でできるエアコンクリーニングの範囲は、フィルターやルーバー、カバーと表面上しかできません。

もちろん、フィルターやルーバーなどにはホコリやカビといった汚れが付着しているため、掃除は定期的にしなくてはいけません。

でも、エアコンで一番汚れが溜まりやすいのは内部!

熱交換器のある内部は水分が発生するため、カビや雑菌が繁殖しているので定期的なクリーニングが必要です。

分解方法を間違えると故障する

エアコンクリーニングをするために分解しても、また元通りに組み立てられなかったり途中でルーバーを引っ掛けるツメが折れてしまうと通常運転は難しいでしょう。

エアコン内部も自分で分解する人もいますが、ある程度、知識と技術力がなければ故障する原因を作るだけです。

自分でエアコンクリーニングをする際は、故障(=本体の買換え)というデメリットがあるので注意してください。

こんな場合はエアコンクリーニング業者に頼もう

無理はしない!こんな場合は業者に頼もう
自分でエアコンクリーニングしたけど満足しないときは、業者へ依頼するのがおすすめです。

例えば、こんな場合はエアコンクリーニング業者の依頼を検討してみてください。

  • エアコンを運転したらカビ臭い
  • エアコンの効きが悪い
  • 冷房なのに生ぬるい風しか流れない
  • エアコン内部が真っ黒なヘドロでびっしり
  • 自分でエアコンクリーニングするのが心配

エアコンクリーニングは自分でできる範囲が限られているため、掃除方法がわからない人は依頼した業者に家庭でできる方法を聞くのもおすすめです。

フィルターやルーバーのクリーニング方法など、故障しない範囲で教えてくれますよ。

定期的なお手入れは自分で、エアコンがシーズンオフになる時期やシーズン前だけ専門業者へ依頼するなど、工夫することで節約できます。

まとめ

年に1回専門業者へ依頼するのがおすすめ
エアコンクリーニングは自分でできますが、見える範囲のみです。汚れの溜まりやすいエアコン内部は分解はもちろん、エアコン洗浄スプレーや洗剤など水分を使ったクリーニングはできません。

フィルターやルーバーのクリーニングだけでもキレイにできますが、内部に汚れが溜まり続けると故障や電気代の高騰につながるため、年に1回は専門業者への依頼をおすすめします。

関連記事