エアコンから水滴が落ちてきた!?原因と自分でもできる対処法をご紹介!

エアコンから飛んできた水滴に、はじめは「気のせい…」と感じた人も多いでしょう。

水滴以外、不具合なく運転できるからといって、そのままエアコンを使い続けると故障する可能性があります。

そこで今回は、エアコンの水滴問題の対策方法について、詳しく紹介します。

【この記事でわかること】

・エアコンの水滴の原因
・エアコンの水滴は放置すると危険
・エアコンの水滴対策

エアコンから水滴が飛んでくる!原因は?

エアコンを運転した瞬間、水滴が飛んでくる原因は複数!

エアコンの内部だけではなく室外機など、さまざまな要因が関係しているので、まずは原因について確認しておきましょう。

ドレンホースの詰まり

エアコンからの水滴は、多くの原因がドレンホースです。中でも、最も多いのがドレンホースの詰まり。

ドレンホースとは、エアコン内部で発生した水分を、外へ排出されるホースです。室外機の横にあるホースで、運転するとポタッポタッと水が流れているので、一度は見たことがあるのではないでしょうか。

ドレンホースが詰まると、エアコン内部で発生した水が外へ流れません。内部から出た水は、逆流して水滴として飛んできます。

このようなときは、ドレンホースが詰まっていないか確認しましょう。

ドレンホースの先端が曲がっている

ドレンホースの詰まりと同じく、ホースの先端が折れ曲がっていると、エアコン内部で発生した水が外へ流れず逆流します。

ドレンホースは、地面に向かってまっすぐ伸びた状態で設置しなくてはいけません。ドレンホースの先端と地面の間は、5cm以上開いているのが理想的です。

エアコン室内機が傾いている

エアコンの室内機が傾くと、内部で発生した水がドレンホースへ流れ出ず、せき止められた水が水滴として風と一緒に飛んできます。

室内機の傾きだけではなく、外に設置した室外機の傾きも注意!

地震や台風といった自然災害で、エアコンの室内機と室外機が傾く可能性があります。エアコンの傾きが気になるときは、ドレンホースから水が流れているか確認しましょう。

ドレンパンの破損

冷房運転で室内機に発生した水を溜めるドレンパンが破損していると、水滴が飛んでくることがあります。

ドレンパンは一般的に、エアコンの熱交換器の前後2ヵ所に設置されており、劣化や間違った方法でお手入れした結果、破損するケースがあります。

また冷房運転で発生した水以外にも、カビやホコリも一緒に溜まるため、エアコンから水滴が飛んでくるときはドレンパンの掃除も必要です。

エアコンガスの不足

エアコンの冷媒ガスが不足すると、室内機の内部機器(熱交換器)に霜が付着しやすくなり、解けた水が水滴として落ちてきます。

エアコンを運転して少したってから内部機器を確認してみましょう。部屋の湿度によりますが、エアコンの内部機器に霜が付いているときは要注意!

冷媒ガスが不足している可能性が高く、そのまま運転しても冷房や暖房の効きが弱いです。

エアコンの水滴問題!こんな症状があるときも要注意

エアコンの水滴は風と一緒に飛んでくるほか、別の症状を感じるケースもあります。「エアコンから水滴?」と気になったときは、注意してくださいね。

エアコンから水滴音が聞こえる

通常、エアコンから水滴音は聞こえません。ただし、チョロチョロやポコポコという水の音は、ドレンホースから流れ出た水滴音の可能性が高いです。

注意して欲しいのが、ポタッポタッやピチャッピチャッといった水滴音!

この音は正常運転で発生する水の音ではなく、故障を伝える音。ドレンホースやドレンパンが詰まって水が逆流している証拠でもあります。

エアコンから水滴落ちる

エアコンの運転や停止をしても、ポタポタと水滴が落ちることはありません。

ただ、エアコンは部屋の暖かい空気を冷たく変換するため、どうしても水蒸気が発生します。本来なら、エアコン内部にあるドレンパンという部分で、発生した水分が溜まるのですが、詰まりや劣化などの原因で水を溜め込めないと、外部に漏れてしまいます。

水滴がエアコンから落ちたときは、故障の前兆なので気をつけてくださいね。

エアコンの水滴は放置しても大丈夫?

エアコンから水滴が飛んでくる、水滴が落ちた状態で運転を続けると、壁や周辺の家具家電がダメージを受ける可能性があります。

とくに、テレビやパソコンなどの電化製品に水分がかかると、漏電し火災につながる恐れがあるので注意してください。

エアコンの水滴が気になったときは、運転を停止して早めに対策を取りましょう。

エアコンの水滴対策はどうすればいい?

エアコンから、水滴が飛んできたり水滴音が聞こえたり、水滴が落ちたりしたときは、次の4つの方法で対策をしましょう。

ルーバーの向きを変える

エアコンの風向きを変えるルーバーに冷気が当たると、結露しやすい環境を作ってしまいます。とくに、室内の温度と設定温度の差が激しいときは注意!

エアコンのルーバー部分に水滴が付着しているときは、エアコンの風とルーバーが並行になるように調整しましょう。

フィルターを掃除する

フィルターにホコリが溜まり、目詰まりを起こすと空気の流れが悪くなります。そのまま運転すると、エアコンの内部に空気が溜まって結露が発生します。

結露した水はエアコンの風と一緒に飛んでくるので、定期的な掃除をしましょう。

エアコン内部のクリーニング

エアコンのフィルターや熱交換器はホコリやカビが付着しやすいので、こまめなクリーニングが必要です。

汚れを放置した状態でエアコンを運転すると、必要以上に冷却するため、水滴の量も増えます。フィルターの掃除は自分で簡単にできますが、熱交換器がホコリで目詰まりを起こしているときは、業者へエアコンクリーニングを依頼することをおすすめします。

ドレンホースの詰まり解消

水がドレンホースから流れてこないときは、ドレン用サクションポンプを使って詰まりを解消しましょう。

ドレン用サクションポンプはネット通販で購入でき、先端のパーツを取り換えると、キッチンや洗面所の排水口の詰まりも解消できます。

ただし、自分でドレンホースの詰まりを解消するのには限界があるので、使い方に不安がある人や確実にエアコンの水滴を解消したい人は、業者へ依頼した方がいいでしょう。

エアコンの水滴が気になったときは業者に相談しよう

エアコンから水滴が飛んできたり落ちたりしても、正常運転できるケースがあります。大きな問題はないように見えますが、エアコンの水滴はパーツの異常の可能性が高いので、放置することだけは絶対に避けましょう。

エアコンの水滴の原因は、約80%がドレンホースです。とはいえ、自分でお手入れしても改善されない、改善できない(自分でお手入れしたらダメ)状況もあるので、次のようなときは業者へエアコンクリーニングを依頼してくださいね。

・エアコン室内機の傾きが気になる
・自分でクリーニングしても水滴が流れる
・エアコン内部のカビ汚れがひどい

エアコンクリーニングは業者によって料金やサービス内容が違います。初めてで不安な人は、一度見積もりをお願いしてみましょう。

まとめ|エアコンの水滴は放置しないこと!

エアコンは部屋の空気を冷たく変換するために、水蒸気が発生するので、水との関係性が強い電化製品です。エアコン内部で発生した水は、本来であれば外へ排出されるため、水滴が飛んだりポタッポタッと音が聞こえることはありません。

エアコンフィルターの掃除やドレンホースの確認をしても水滴問題が解消できないときは、放置せず専門業者へ相談してくださいね。

関連記事